紹介 魚毒植物

 

魚毒植物

魚毒植物

Amazon

 毒を水に流して魚を取る漁法がある。かつては全国にあったらしいが、無差別に水圏生物を殺すので現代では禁止となっている。この本は琉球列島を中心にリサーチしてどのような植物がどのように魚毒に利用されていたかを調べた本で、民俗学的に興味深いものだった。この漁法をアクティブにされていた方々とお話できたのは本当にギリギリのタイミングだっただろう。私はイジュ、ルリハコベ、デリスという植物はあまり馴染みがないが今後は注意したい。またアダンもかつては魚毒に使われていたということで、歴史に思いを馳せる。さらに魚毒は海でも使われたということも新鮮で、タイドプールにとり残された魚やタコを魚毒を沈めて取るというのはなるほど、物質がうまく拡散するので理にかなっているだろう。とった魚が変色しないようなtipsがあったそうだ。

 評価されるべきは日本で使われた植物を一覧にしていることで、文献リストもあり資料的な価値が高い。意外だったのは、普通は毒草として認識しない植物が魚毒として使われていたことである。たとえばサンショウ程度の毒で魚が取れるものだろうか。他にはイジュやエゴノキのサポニンが使われたようだ。これらに含まれる配糖体は界面活性剤の働きを持ち、かつては洗濯にも使われたという。たまたま、私の実験で使う野外植物がサポニン含有としてリストされており、意外なところで興味がつながった感じがする。なお、余談ながら文明の発明である青酸カリを海に流して魚を捕ったというが、これは全くいただけない。

 あとは、魚毒を得るために木本の移動が島の間で行われたのが意外だった。島の間での(今となっては意味を失った)植物の移動に人間が積極的に関与した例として興味深い。

 著者はゲッチョ先生こと盛口先生。生物スケッチの名手であり、この本にもふんだんに種々の植物図が登場し、その芸の細かさを見るだけでも一見の価値があるだろう。惜しむらくは植物名の索引がないところか。

紹介 津田梅子

 

 正直なところ津田梅子は津田塾の創始者という程度しか知らなかったが、この本でだいぶ考えが変わった。生物学者としての素養を持ち、染色体地図のモーガンの薫陶を受けて共同研究をしており、アカデミズムへの道に誘われながら固辞して帰国して塾を設立した経緯は華々しいものである。岩倉派遣団から10年もブリンマー大学にいたせいで、その後も日本語はあまり上手には話せなかったそうだが、日本とは違い男女平等の進んだアメリカでの生活は刺激的だったに違いない。逆に封建的な日本社会はひどく生きづらかったことだろう。

 ブリンマー大学は良妻賢母の教育ではなく、学術でも活躍できる女性を育成することに力を入れていた。おたまじゃくしの第一分裂のときにすでに左右性が決定されているという萌芽的研究をしたのがモーガンと津田梅子であるというのは驚く。大学から残るよう声がかかったのを蹴ったのは何とももったいないと思うが、本人なりの使命感があったのだろう。

 帰国後は生物学を専攻したということすら限られた人にしか明かさなかったという。東大の箕作先生とは多少の交流があったそうだ(箕作先生は卵寄生蜂「ミツクリタマゴバチ」で知られる)。だが、なぜか結局アカデミズムに戻ることはなかった。

 津田梅子の伝記が出版されるにあたり、モーガンはお祝いの言葉を述べている。「あなたはなんと偉い人になったのでしょう!」という褒め言葉だが、多少の皮肉を感じてしまう。津田梅子が日本に帰らずにアメリカで発生学者となる世界線を見たかった気もする。もちろん、その場合は日本の女子の学問の間口は狭まっていたわけだが・・・。

紹介 フォン・ノイマンの哲学

 

 この本はノイマンの理論は最小限に、彼の社会とのつながりや人間関係、政治的活躍に焦点をあてた(ややゴシップめいた話も多い)読みやすい新書であり、WWIIや冷戦時代の研究背景がわかる好著となっている。

 エルデシュやゲーデルのように天才はしばしば孤立するものだが、ノイマンは卓越した少年時代から決してそうならないように上手に振る舞っており、学校でも集団から浮き立つようなことはなかったという。もともとの生まれが商売で成功した裕福なユダヤ人一家だったというバックグラウンドがなせる技かもしれない。なお、祖父も8ケタの掛け算を暗算できたそうで、ノイマンの才能には血筋もあるのだろう。

 祖国ハンガリーを捨てた経緯も書かれているが、ベルリンに進学した多感な頃に、ナチスが英雄的存在であり、ノイマンも尊敬しただろう化学者ハーバーをユダヤ人という理由で追放したということが影響しているらしい。後年の彼の(映画「博士の異常な愛情」で茶化されたような)ソ連嫌いは、少し鬱屈した愛国心に原因があるのではないかと著者は推測している。

 あまたの分野に業績を残したが、生物と一番関係するのはゲーム理論だろう。彼はゼロサムゲームを定式化するなどの業績はあったが、パイオニア的な研究をしたあとはけっして一箇所にはとどまらなかったので、この分野の貢献は後世の研究者に委ねられた部分が多い。

 ナチスの台頭と前後して、上手にアメリカに渡り、プリンストンで研究室を構えるようになるが、この移住も時流を見定めるしたたかさが見える。アメリカは理想的な研究状況だったようで、運転免許もとって謳歌していたようだが、数学の考え事や、下手をしたら論文を読みながら運転したので事故率が尋常ではなかったらしい。それでも無事なほど、のどかな時代だった。

 コンピュータの開発への関与、原爆開発と投下計画、冷戦下のソ連への爆撃を勧めたことは有名であり語ることは多くないが、以外な人物との接点もあり飽きさせない内容となっている。

 読後の感想は、天才であったことはもちろん、社会の時流を見定めるに非常に聡かった人物、そして理論に合わないと見抜いたものに対してはなくてもいいという冷酷さも持った人物だったということだ。本書のあとがきで「ノイマンは・・・「科学者」や「研究者」の範疇にとどまらない「実践家」だった。」とあるが、これが一番よく私の感じたことと一致しているように思う。

紹介 そもそも島に進化あり

 

 筆者は鳥類学者ということで、島しょ部での鳥の進化に期待して購入してみた。一読した感想は・・・ちょっと期待したものとは違うかな。このタイトルだと正当な島嶼生物学を想像するのだが、むしろその記述は少なく、筆者の趣味が全面に出たエッセイの色が濃い。筆者自身の研究を知りたかったのだが、その点は少し肩透かしの感があった。また、例えが突飛すぎてついていけないことがある。たとえば固有種の形成過程について座敷わらしと河童を例にしているのだが、このあたりはどー考えても普通の種で説明したほうがわかりやすい。

 これを言うのは憚られるが、1ページに3つぐらいあるギャグが盛大に滑り散らかしているように思う。そのため内容は常識的なことを言っているにもかかわらず、全体的に読みにくくなっているのが残念だ。最後では保全について考えさせられることを言っているのだが、なぜガンダムのザクやスター・ウォーズのライトセーバーの脚注が必要なのかわからない。集中力が削がれるから真面目なところでは真面目になりましょうよ。

 とはいえ島への思い入れは伝わったし、島がマクロからミクロのスケールで身の回りの至るところにあるという考えは共感できる(私の住む高知も、俗に「陸の孤島」と呼ばれ交流の制限から古くから独自の文化が育まれてきたところである)。植物の葉に寄生するダニを観察していると島のイメージはよく感じる。飛翔性のチョウやガにとって隣の植物は同じ場所に生えているが、ダニにとっては現在地から遠く離れた島である*1。同じ生物でも分散範囲は進化を考える上で大事であると思う。

 細かいことだが、「生物学での進化とは、個体に帰属する現象ではない。あくまでも集団が単位となる」(p.122)との表現はいただけない。前後の文脈から個体レベルの成長のことを進化とは呼ばないということはわかるが、ナイーブな群淘汰を連想させるものであるから啓蒙書という性質からみても注意してほしかった。

 まずはこの文体が合うか合わないかが評価の分かれ目となるだろう。Amazonでは好意的であるので、こういうのもいいのかな。

*1:この考えはLevins(1968)のcoarse-grainedとかfine-grained environment に相当するだろう

紹介 図鑑を見ても名前がわからないのはなぜか?

 

 自分の専門でも「なんとなくこうだから」という説明をせざるをえないことがある。学生と一緒の野外採集で「こういうのはいかにもEotetranychus」とか言っても、学生からすればチンプンカンプンであろう。どうしてもうまく言語化できない。

 この本では、実際に図鑑をひいてみることで「目ができて」、それまで同じように見えていたシダが違って見えるようになったことが序盤で書かれている。この本の読者は生物好きな人が多いだろうから、「あるある」と感じるところがあるのではないか。図鑑を二冊使うのがおすすめというのも参考になった。

 5章ではハエトリグモハンドブックへのこだわりが書いてある。M修了後に当時の既知種105のうち103を撮影とは恐れ入った*1。執筆したハンドブックでは場所ごとに分ける工夫がしてあり、家の中なら大胆に3種に限定しているらしい(持っていません!)。いわれてみれば、珍しい色や形の虫を発見したときはどこで見たり採ったりしたというのが一番印象に残っている。そこに注目したのはいい点だと思った。クモは指標動物にもなるくらい環境条件との結びつきが強いからできることだろう。そのぶん、ハンドブックという性質上、分類体系との一貫性を犠牲にするのはやむをえないだろう。植物図鑑でも、採取場所や葉の形や付き方に注目した本のほうがわかりやすい。「これはムクロジ科だけどなんだろう」という人はハンドブックはひかないだろう。

 この本の白眉は第6章だろう。全く未知の虫をポンと出されて、それを実際のキー(検索表)で同定するという「苦行」の追体験をすることになる。このプロセスを楽しめるかどうかで素養があるかどうかが決まると思う。私は「誤植です!」のあたりで絶対に投げ出すだろうなと思った。「解脱」に至るまでの道は遠そうだ。

 さて、びっくりされるかもしれないが、私が材料としているハダニ属の検索表は未完成で、近縁種を毛の相対長(たとえば胴背毛AとBの起点間の距離よりAが長い)で見分けるしかない。これだとプレパラート標本が乾燥して縮退すると種が変わってしまう(!)のだが、他に決定的な違いはない(少なくともユーザーにわかりやすいようには)。だから、検索表があるといっても「なんとなくこうだから」というのと実はあまり変わらない状態なのである*2。昆虫やクモのように変異が大きいのが羨ましい。

*1:ダニ類は日本産のハダニ科だけでだいたい100種程度なのでクモは意外と少ないのかと感じた。それでも大変さには変わらないが。

*2:非難しているように聞こえるかもしれないが、私が共著者である。

紹介 寄生生物の果てしなき進化

 

 さまざまな寄生虫のトピックに関する科学エッセイ。農耕の開始とともに寄生虫との付き合いが深まった話や、シルクロードの開通とともにラクダが活躍してペストを広めた話、食生活の変化による腸内細菌の急速な進化など、人間の生活様式と寄生虫に深い関係があることを改めて確認した。また、外来種を介した寄生虫の拡散なども考えなければいけない問題だろう。人間の大移動を伴う世界情勢の中で寄生虫は現在も進化しているという著者の意図は十分理解できる。現生人類でネアンデルタール人のゲノムが残っている部分に免疫遺伝子が多いという指摘は興味深かった。著者は肉食生活で重要だったパラサイト耐性と関係があるとみているが、どうだろうか。

 「進化」を期待した読者に関しては少し肩透かしの印象も否めない。寄生虫のエピソードが連なり、進化の話は提示されるものの具体的な説明としてなかなか立ち上がってこない。例えば、体内の病原体の「コモンズの悲劇」(p.162)の説明は簡略化されすぎていてなにを言っているのかわからない。おそらく、1種の寄生ならじわじわと長期間かけて持続的に寄主を侵略するが、2種以上になると一気に食い尽くして劇症化するということだろうか。

 タイトルと内容の齟齬に違和感があったので、原題のLoputtomat loisetを機械翻訳してみると「果てしなき寄生虫」だった。これでは売れないという事情もあるのだろうが、邦題の「果てしなき進化」とはだいぶ意味が異なる。個人的にはアイヴェロ本人の研究(ネズミキツネザルの腸内生物)の話をもっと詳しく聞きたかったが、序盤以降はほとんど言及がなかったのが少し残念である。

 

 

紹介 豆くう人々

 

 著者は遠軽の豆専門店に生まれ、豆を愛し、あらゆる豆と豆料理を求めて世界を旅している。その偏愛たるや掲載されているだけで南米からアフリカ、アジアまで30カ国におよぶ。恐るべし。原住民の豆を中心に探索しているようで、これは大変な労力だっただろう。ベネズエラなど治安が悪い国にも行っており、そこまでするかと思う。こだわりは表紙を見てもわかる。各国の豆を配置したデザインはセンスがいい。

 内容を見てみると、各国につき10ページ程度の分量であり、たやすく読みすすめることができるだろう。紹介されている豆は日本人にも馴染み深いササゲ、インゲン、大豆が多いが、樹豆、ルピナスもある。ルピナスって食えるんだ。アンデスのルピナスはアク抜きのために浸水させてから煮込み、茹で汁を捨てて豆を袋に入れて沢水に1〜2週間つけておくという。随分手間がかかるものだ。アメリカ女豆というのもある。なんだそのひどいネーミングは。見た目が赤くて派手だから?

 世界では、比較的よくありそうな煮豆や素揚げ、豆ごはんのほか、臼でひいて粉にしたり、マメをゆでで皮を取りマッシュしてペースト状にして加工する食べ方が目立つ。ペーストをコロッケみたく揚げるのが旨そうだと思った。日本のソースをダボダボかけて食べたい。登場する料理について簡単なレシピが載っているのもうれしい。キツいと思ったものは

いなご豆を莢ごと水につけ、翌日ふやけた豆をちぎる。3日ほどおくとブクブク発酵してくるので豆の粉を足し、どろどろのドリンクにする。なお、7日おくと酒になる。(要約)

お皿に大量のオリーブオイルを入れる。ひよこ豆の粉を二杯入れ、混ぜる。さらに加えて混ぜる。ドロリとしてきたら味見して完成。(要約)

 あとは豆料理ではないが、パンにラードを塗って、その上に豚の脂身を乗せて食う習慣(ルーマニア)も少しきつい。

 たまにそういうのもあるが、だいたいの郷土料理は美味しそうである。

 ベネズエラやキューバの村には民営のジーンバンクがあり、土着のいろいろな豆を集めているらしい。チャベス大統領たちが推進していたらしいがその後援助は打ち切られたそうで、なんとももったいない。なにかの研究に活用できないものか。

 少し惜しいと思ったのは、本文に口絵の番号への参照を載せてほしかったところである。あとは、本題から外れるが、虫の研究者としては貯蔵豆につくマメゾウムシにもちょっとは言及してほしいところである。

 普段は豆を意識することはないが、よく考えれば豆腐、納豆、味噌、煮物、一昨日食べたひよこ豆カレーなど食卓には豆がいっぱいである。地元にはわかさいもという豆を芋がわりに使ったお土産もある。今後は食卓の豆を意識してみようと思う。

 

紹介 石の花(1)

 

 坂口尚をリアルタイムで知っているわけではない。学生寮の本棚にあったような気がするが定かではない。安彦良和の『虹色のトロツキー』と混同しているかもしれない。ただ、たしかにどこかで出会ったはずだが、当時の僕には難しかったし陰鬱な話なのでそのまま忘却していたのだろう。

 早いものであれから30年近くがたとうとしている。Twitterを通じて、今回の復刊で大判で読めるという情報を得て取り寄せてみた。ページをめくってまず気づくのはダイナミックな絵柄である。止め絵が上手い作家は多いが、本作は登場人物の動きや躍動感がコマごとに鮮やかに感じられる。それもそのはずで、作者はアニメの仕事に定評があったらしい。動きのある絵や演出はお手のものというわけだ。また、登場人物の心情表現も墨ベタの強い陰影やカラスなどのモチーフなどを使って巧みに演出されており、映画を見ているような感覚になる。冒頭、静寂な森の小径で主人公クリロ少年、ヒロインのフィー、フンベルバルディング先生が淡々と会話しているときに、クリロがぽんと放り投げた枯れ葉のかけらが空に激しく舞い上がって龍になり、黒雲を切り裂いていく場面は何度も見返したくなる躍動感がある。

 話が前後するが、物語の舞台はナチスドイツに占領されたユーゴスラビアで、離れ離れになったクリロとフィーの歩みを中心に描かれる。ナチス占領下の話ということで、文字通り悲惨な話というしかなく、読みすすめるのが辛い場面もある。それでも、クリロのフットワークがとにかく軽く、冒険活劇のような面白さが失われていない(それだけにエグい部分までつい読んでしまう)。

 本書の最後ではナチ将校の邸宅でクリロ、フィー、クリロの兄が運命的な出会いをするのだが、そこで衝撃の真実が明かされたところで一巻はおしまい。

 冒頭の「教会のような」石の花、鍾乳石がなにを暗示しているのかは、続刊で明らかになるのだろう。読み進めるのが楽しみである。

f:id:spidermite:20220126222835p:plain

紹介 はずれ者が進化をつくる

 対象は中学生くらいだろうか。読破に時間はかからないだろう。
 雑草学者の観点から、個性や多様性の大切さを語る内容である。そして平均よりバラツキの大切さに心を向けることを説明している。こういうのは意外とない。さらには、区別や分類の本質的な無意味さにも言及しているところには好感が持てた。
 にもかかわらず、私としては全体としてあまり感心しなかった。大きくわけて二つ理由がある。まず、生物の知見をナイーブに人間社会にあてはめ、個性を大事にすべきだという安易な発想が随所に見られる。各章や節は生物の説明から始まるが、いつのまにか人間の価値判断の話にすり替わっている(例えばpp. 103-7)。
 さらに、知見が古い。p.96からガウゼを引き合いに出してナンバー1しか生き残れないという、進化生物学者ならギョッとするような説明がある(この説は大議論を巻き起こした)。それぞれのニッチで(君たちも)オンリーワンになればいいと述べられて脱力する。さらには、人間の利他行動をニッチで説明というか解釈をしているが、この部分は1930年代の総合説以前に退行したかのようである。*1
 と厳しいことを並べたが、鬱屈した大学人より子供は多様性の大切さのメッセージを素直に受け取るだろう。それだけに著書の知見を人間社会に当てはめるときには慎重になってもらいたい。

*1:追記: 現在一般的なハチンソンやマッカーサーのニッチ定義は50年代以降だが、それでも大差ないだろう

紹介:読む・打つ・書く

 

 一言で言うと「本への偏愛」というところだろうか。こんなに本自体を語る本を見たことはない。本屋の平積みで、読む方法や書く方法について語られる本は多いが、それはテクニックを述べているだけで味気ない。しかし、本書は「息を吸うように」本を読み「息を吐くように」書評を書くことのススメだ。そんなことができるだろうか。その境地にたどり着くのは難しいが、私も読んだ論文や本をツイッターや本ブログでアウトプットすることは心がけている。大変な遅読遅筆ながら、論文の筆頭著者からリプライがきたときは嬉しかった。改めて、読んだもののアウトプットは必ずする気になった。流れるようにインプット・アウトプットができることは理想の境地だろう。ランダムに読む(乱読)の部分は非常に共感する。

 そしてもっとも肝心な最終楽章の「書く」で氏は読者の背中を押す。貴方も本を書きたくなってきたでしょう?と。それは確かにそうだが、同時に氏の圧倒的な執筆ペースにたじろぐ。2ヶ月でこの文章を執筆することはなかなかできない話である。いったん手が止まると再開するのにものすごいエネルギーを消耗することを研究者なら誰でも知っている。どうすればいいのだろう。

 本書は分厚くて内容が濃いわりには(氏には「薄いでしょう?」と言われそう)、とても読みやすい。これは目次に沿って構造的に「構築」されているからだろう。そのため、氏の博識に振り回されても、間奏で落ち着いて次の楽章に進むことができるのだ。この点も参考にしたい。

 少し意外だったのは、氏が自分だけのために本を書いているとしている点だ。多くの研究者は誰かを啓蒙しようとして本を書くのであり、自分のためだけという人は少ないはずだ。自分のためだけでいい、という姿勢は論文を書く際には得てして嫌われる態度だ。多くの経験を積んだ人の書くものは自然と他人にとっても評価しうるものになるということだろうか。自分のために書くのに評価を調査しているというのは少し不思議な気がする。

 蛇足ながら、文中にあるソーバーの「過去を復元する」は院生時代、あまりの難しさに挫折した記憶がある。その舞台裏の苦労も書かれていて面白かった。