これでもあかんか

 審査結果を見て、さすがに落ち込んでいる。今年こそはと思ったが、結果は惨憺たるものだった。この結果では、たぶん誰に書類を見てもらっても同じだっただろう。発想の飛躍がないということだ。来年に向けて、また腐らず地道に研究を続けていくしかないのだ。追い打ちとして共同のほうもいけなかったようだ。でも、あの先生でもいけなかったのかと思うと、「今年の審査は例年になく厳しかったのさ」と少しはすっぱい葡萄を噛み締めている気分になれるというものだ。

 

f:id:spidermite:20070211083054j:plain

(再掲)